株式会社 エムエフケイ

蓚酸アルマイト、硬質アルマイトを始め、アノダイズ、電解研磨、化学研磨、精密洗浄などの表面処理及びオリジナルコート

ISO9001認証取得

2003年8月
ISO9001認証取得
日本機械学会 会員

 

営業品目

アルミ・ステンレス表面処理
■アルマイト
・硬質硫酸アルマイト
(MFコート(S)を含む)
・硫酸アルマイト
(MFコート(C)を含む)
・普通アルマイト
・潤滑アルマイト
■精密洗浄
■化学研磨
■電解研磨

アノダイズ等

 

お問い合わせ

 

ファックス

HOME»  MFコート(機能アルマイト皮膜)

MFコート(機能アルマイト皮膜)

MFコートの紹介

MFコートシリーズ

 

「MFコート」は、従来のアルマイト皮膜の欠点を解消する為に、アルマイト技法を根本的に変えてクラックや表面溶解等を極力抑えた新しいコーティングシステムです。

 

 

MFコートシリーズ処理種別
MFコート(S)
【硬質硫酸アルマイト】
クラックの少ない、アルミ本来の美しさを保った仕上がりです。
MFコート(C)
【蓚酸アルマイト】
黄色に発色しますが、耐食性に優れ、腐食性雰囲気での用途に適しています。 また加工時の面粗さを損なわないので、シート面があるような製品にも最適です。

 

特徴 薄膜10~15μでステンレス以上の高耐食性が得られます。
また、面粗さも切断加工時の粗さとほぼ変わりません。
主な用途 ■半導体製造装置部品で特に、腐食性の強いハロゲン系ガスに接する部品。
■プラズマCVD内のラジカル反応環境下で使用する部品。
■空圧部品等耐摩耗性を必要とする部品
■面粗度等、高精度を要求する部品。

 

断面SEM写真

一般の硬質アルマイト(約50μm) MFコート(約40μm)
一般の硬質アルマイト MFコートによる硬質アルマイト
一般の硬質アルマイト MFコートによる硬質アルマイト

 

一般的な硬質アルマイトとMFコートの比較です。硬質アルマイトのほうはアルミ素地に達する深いクラックが発生しています。一方MFコートにはクラックが確認できません。またアルミ素地との界面付近の拡大写真においても、その緻密な皮膜構造の違いを確認することができます。

 

MFコートの紹介

MFコート耐電圧性能

 

  10μm 20μm 30μm 40μm 50μm
A1050材 0.82 kV 0.98 kV 1.05 kV 1.41 kV 2.55 kV
A5052材 1.04 kV 1.33 kV 1.48 kV 1.72 kV 1.96 kV

 

上記はMFコート(C)蓚酸アルマイトの絶縁破壊性能です。誘電率の違いから不利と言われる蓚酸アルマイトにおいても比較的安定した数値を得られます。

 

耐食性能(5%塩酸浸漬)

  硬質アルマイト50μm MFコート20μm
試験前質量a[g] 11.982 11.862
試験後質量b[g] 8.628 11.835
損失質量a-b=c[g] 3.354 0.027
質量損失率c/a×100[%] 27.99 % 0.227 %

 

通常では行なわない5%塩酸への32時間浸漬という過酷な試験を行いました。
この試験においてMFコート(C)はわずか20μmという薄膜にもかかわらず、ほとんど侵食されないことを実証しています。

 

耐摩耗性能

  硬質アルマイト MFコート(S)
試験前重量[g] 53.6526 53.2638
試験後重量[g] 53.6488 53.2617
摩耗重量[g] 0.0038 0.0021
試験片表面積[dm2] 2.3 2.3
dm2当りの摩耗量[mg/dm2] 1.65 0.9

 

粗さ性能

素材 硬質アルマイト MFコート(C)
素材 硬質アルマイト MFコート
 

左表は、アルマイト前のアルミ素材の表面粗さと、アルマイト処理後の表面粗さの測定結果です。
数値はもとより、機械加工時のフライス目が、 硬質アルマイトは面溶解やクラックによって再現できていないのに対し、MFコートにおいては規則正しいフライス目が測定できています。
つまり、機械加工時の精度が、そのまま製品に活かされるすぐれたアルマイト処理と言えます。

 

お問い合わせ

お問い合わせ